ロコモ症候群対策プロジェクト

〜 見た目年齢-10才プログラム 〜

Aウォーキングの可能性 高齢者への支援

(社)日本姿勢調律協会では、Aウォーキングを通して60代からの「ビューティ&エイジングケア」を提唱します。認知症予防対策や、介護予防対策、ロコモ症候群対策など様々な活動が行われていますが、なかなか認知度が低いのが現状です。そこで、協会では、「健康増進活動」を「美容→健康」に繋げた活動として提唱します。「見た目年齢-10歳」を目指すことで、心身の健康、介護予防、認知症予防に繋がる活動を行って参ります。「正しく歩くAウォーキング」によって若々しい歩行法を身につけてると、歩くための筋力強化に繋がります。高齢者の方が実際に抱く不安を「Aウォーキング」によって解消していくサポートを行います。
いつまでも元気に若々しく歩き続けたい
という願いを叶えるために、高齢化社会への取り組みを目指します。
image11

Aウォーキングとは歩きの所作・作法!?

姿勢調律協会が提案するAウォーキングとは、日本人の骨格構造に合わせた歩行方法を言います。正しい姿勢で歩くことは基本動作の「所作・作法」にあたります。日本人は元来、猫背姿勢(前傾姿勢)のため、加齢と共にさらに姿勢が曲がることで、老化現象へと繋がると考えます。Aウォーキングは「重力対応に合わせた姿勢を整える歩行法」となるため、心身の調整、活力、さらにはエイジングケアにも繋がります。

a-walking01 Aウォーキング受講者のご感想
  • 主人が姿勢良く歩く姿を初めてみました!
  • 足腰が丈夫になり、自信がつきました!
  • 膝や腰の痛みが減り、歩くのが怖くなくなりました。
  • 周りの友人から背中が綺麗になったわね、と褒められました。
  • 孫を抱いたり、遊んでも体の不安がなくなりました。

Aウォーキングレッスン具体的内容>


image10
Aウォーキングレッスンの開催スケジュールはコチラからご覧になれます。


出張レッスンも行います。お気軽にお問い合わせください。



Top